瓦礫のかけら

コンクリート, レンガ, キーホルダー

1000×2000×300 (cm)
2014年

 

INEX Gallery (ベオグラード、セルビア)

この作品の展示場にはこれらの展示された1000個のキーホルダーは福島で採取した瓦礫のかけらが付いていると書かれてあります。私の生まれた国である日本では2011年の東日本大震災により福島の原子炉でメルトダウンがおき、展示場のセルビアでは1999年にNATOから劣化ウランの爆撃を受けました。この2つの国でおこったできごとを結び付けてできたこれらのキーホルダーはギャラリー内に展示され、展示期間中観客がこの「放射能を含んだ」瓦礫のキーホルダーを自由に土産物として持ち帰れるよう提供されました。

© 2019 Yumiko Ono. Designed by Gidi Gilam