top of page
HOME

カルトン
サイズ可変
2010-2013年
Gallery Cube(チェコ、プラハ)
 
撮影:Tomas Soucek
国立新美術館
撮影:走出直道、村井宗一郎

このインスタレーション作品は約1万8千個のジグソーパズルによってできています。ジグソーパズルのピースは全て同じ形でできており、展覧会の開催期間中観客はこの角もふちもない永遠に完成する事のないジグソーパズルで遊ぶことができます。「Home」を単なる家ではなく、宗教、国、学校、会社、コミュニティなど自分の属する場所と解釈し、自分の属する場所が環境によって常に変化することのメタフォーとしてジグソーパズルが用いられています。

bottom of page